大切な家族を安心して預けるなら老人ホームは慎重に

シニア

いざという時に安心

男性と女性

バリアフリーと安否確認

健康で毎日生活するのに支障はないけれど、急に体調が悪くなったりケガをした時にすぐに救急車を呼ぶことが出来ないのが不安という高齢者は少なくありません。家族と一緒に住んでいれば体調が悪くなった時に病院に連れていってもらえますが、1人暮らしや高齢者世帯では世話をしてもらうことが出来ない場合もあります。高齢者住宅に住んでいれば毎日常駐しているスタッフが安否確認してくれるので、体調が悪い時にはすぐに医者にかかることができます。年を取ると誰でも病気にかかりやすくなる上、夫婦のどちらかが介護が必要な状態だと、健康な配偶者が倒れてしまったら助けを呼ぶことができずに手遅れになってしまうこともあります。高齢者住宅に入居しておけば、そういった時でもすぐに発見してもらえます。脳梗塞や心筋梗塞を起こした時には一刻も早い措置が必要になりますが、高齢者住宅なら早く発見してもらえるので安心です。高齢者住宅は老人ホームと違って入居費用が安いというメリットもあります。個室にはキッチンやバスルームが完備されているのでプライバシーも守られます。バリアフリーで高齢者が生活しやすい構造になっているので、自宅に住んでいるよりも快適に過ごすことができます。また夫婦での入居も可能なので、健康で生活に支障はないけれど何かあった時のことを考えると不安という人に向いています。子供がいても遠くに住んでいると気軽に立ち寄って生活支援をすることができません。高齢者住宅なら困った時にはスタッフにすぐ相談できるので安心です。